紙コップは一般的にはリサイクルされませんが、自販機などの分はエコに行われています。他にも出来てほしいです。

重要性が叫ばれるエコとゴミの分別


重要性が叫ばれるエコとゴミの分別

紙コップをリサイクルできればエコになると考える

お花見シーズンにおいては、屋外で気軽に飲み物を飲むことがあります。そのときに重宝するのが紙コップです。ビールなどは缶のまま飲めばよいですが、大きい缶などであればコップに入れることがあります。またお酒を飲めない人はジュースやお茶などになりますから、大きなペットボトルを購入して、紙コップに入れて飲むことになります。一つの会ではそれほどの量は出ませんが、会社などで社員が利用できるようにしていると、結構出ることがあります。

紙コップに関して、資源ごみになりそうですが、紙として分別するときは除外されています。用途として飲み物を入れることができるようになっています。水分を入れてももれない様なコーティング加工がされているのです。そのため、すぐに再利用できる形になっていません。そのために除外されているようです。ではそのコーティングを外せばよさそうです。技術的には可能で、牛乳パックなどにおいても、コーティングを外してリサイクルしているようです。

ただし、牛乳パックのように一般化されていないため、せっかくなエコな取り組みも日常的には行われていないようです。全く行われていないのではなく、自動販売機の業者などでは、そちらで出るものに対してきちんと紙に加工することができるようにしているようです。会社などで利用するときは、紙コップを使わないようにすることも考えますが、再生の仕組みが出来れば、捨てるごみが減るとも思えます。これから出てくる話かもしれません。

新着おすすめ

Copyright (C)2017重要性が叫ばれるエコとゴミの分別.All rights reserved.