割り箸において、リサイクルしてくれる製紙会社があります。送る側がエコな取り組みに協力する気持ちが必要です。

重要性が叫ばれるエコとゴミの分別


重要性が叫ばれるエコとゴミの分別

割り箸のリサイクルをしてくれるエコな製紙会社

昼食をとるとき、牛丼チェーンの店に行くことがあるでしょう。そのとき箸はどのようなものを使うでしょうか。恐らく割り箸になると思います。コンビ二エンスストアでお弁当を買ったときはどうでしょう。このときも箸は割り箸を使うと思います。割り箸に関しては、一回使えば再利用することはありません。ですから、そのまま捨てられることになると思います。木材ですから、燃やすことが出来ます。燃えるごみとして捨てれば良いことになります。

そのことに疑問を持ったある定食屋さんでは、割り箸を使わない方法を取っています。繰り返し使える箸の導入です。繰り返し使うので、ごみとしては出ません。しかし洗浄の手間などがかかるようです。一本あたりの割り箸と比べると、コストに考えると難しいところもあるようです。そのお店としてはエコな取り組みとしてされているのだと思います。割り箸を使っているお店においても、ちょっとした努力をすることで、良い活動になることがあります。

それは、製紙会社に割り箸を送る取り組みです。製紙会社において、一定の処理をした割り箸を送ってもらって、それをリサイクルして紙を作るそうです。軽く洗浄をして、乾かし、一定量をダンボールに入れて送付することになります。こちらに関しては、送料は自己負担になります。お金をかけないようにしようと思えばそのまま捨てればよいのですが、環境のことを考えるのであれば、一手間をかけてそちらに送付するようにします。

新着おすすめ

Copyright (C)2017重要性が叫ばれるエコとゴミの分別.All rights reserved.