アルミ製のフライパンや鍋は、アルミにリサイクルする事ができるようです。ある業者でエコな取り組みをしています。

重要性が叫ばれるエコとゴミの分別


重要性が叫ばれるエコとゴミの分別

アルミ製のフライパンがリサイクルされるエコな取り組み

料理屋さんで使われている調理器具には、何年、何十年と使われているものがあります。良いものを、正しく使っていればそれだけ使えるのでしょう。ある土鍋に関しては、何年もあるものを似ていたために、その材料を入れずにお粥を作っても、その風味がしてくると聞いたことがあります。鍋だけで味をつけることが出来ることになります。それは特殊なこととしても、毎日使うものですから、丁寧に、大事に使っていくようにしなければ行けません。

しかし、家庭においては、常に調理器具を使っているわけではありません。主に朝食と夕食のときのみになると思います。また、その時間は1時間から数時間程度です。それぐらいしか使わないので、時に失敗してしまうことがあります。焦げ付きです。材料が焦げ付くぐらいなら良いのですが、フライパンや鍋にこげがこびりついてしまうと、もう取れなくなってしまうことがあります。こげた部分に関してはあまり体には良くないので、使いたくありません。

フライパンなどは、燃えないごみで捨てるのですが、アルミ製のフライパンやなべについては、ある業者でリサイクルするために回収してくれるとありました。アルミは非常に貴重な資源になります。ボーキサイトからアルミを作るより、アルミ再加工して作るほうがコストがかなり安いと言われています。使わなくなったものであれば、こちらに依頼をすれば、エコに使うことができるようになります。宝をごみとして捨てなくて済むのです。

Copyright (C)2017重要性が叫ばれるエコとゴミの分別.All rights reserved.