包丁は燃えないごみとして捨てますが、エコのために包丁屋さんに持っていきます。リサイクルしてもらえます。

重要性が叫ばれるエコとゴミの分別


重要性が叫ばれるエコとゴミの分別

包丁などで使わないものをリサイクルしてくれるエコなサービス

包丁やはさみに関しては、どのように捨てるのが一般的かを調べてみました。すると、燃えないごみとして捨てるようになっています。包丁などはそのままだと危ないですから、布であったり、紙などにくるみ、何であるかを明記して捨ててくださいとありました。これらについては、特に再利用されたりすることはないようです。素材に関しては、鉄であったり、ステンレス、ステンレススチールなどいろいろなものがあります。もう一度鉄として使えそうな気がしますが、そこまでにはいたっていません。

包丁に関しては、使えなくなることで使わなくなり、その上で捨てることになると思います。もし捨てるのであれば、あるショップに持っていくのをオススメします。こちらでは、使えなくなったものを引き取ってくれるそうです。そして、まず行うのは研ぐごとによって使えないかをみてもらえます。自宅においても砥ぐことはありますが、きちんと砥げていないことがあります。専門の業者さんですから、使えるものであれば、切れ味がよみがえることがあります。

切れ味がよみがえって使いたいならそのまま持ち帰って使います。一方、砥いでも一定限度の切れ味にしかならないことがあります。その場合は回収してもらいます。そして供養をした上で、ある県にある協会に引き渡してくれます。そちらから、製鉄メーカーにリサイクルのためのものとして引き取ってもらえます。鉄として再加工されて、包丁になる場合もあれば、別の鉄製品になる場合もあります。エコのためにも近くの包丁屋さんに行きましょう。

Copyright (C)2017重要性が叫ばれるエコとゴミの分別.All rights reserved.